POSレジとは

POSレジとは?

一般的には、販売店舗で売上会計を行うために店舗内に1台ないし複数台設置されるレジスタをさし、「商品を販売した時点での情報を管理する経営手法」の意味で用いることが多いようです。
・どの商品が
・いつ
・誰に
・どれだけ売れたか
など、多彩な分析機能がついています。その分析機能を使用し、購入額上位の顧客にDMを送ったりと、販促に売上データを活用することが可能です。

POSレジとレジの違い!

単に金銭登録をしてお釣りを計算するのが「単レジ」と言います。リアルタイムで売上情報を計上できるものが広義の意味で「POSレジ」です。

オーダーエントリーシステムとは

SIIが開発したオーダーエントリーシステムがルーツで、店員がテーブルの前で聞いた注文を無線でキッチンに飛ばし、注文品を調理場で確認できるため、オーダーミスがほとんどなくなることにより、普及しています。

専用機、PC-POS、タブレットレジの違い

POSレジは昭和50年代頃はIBMなどのホストコンピューターに繋がる高価な端末のレジスタ(スーパー用)でした。それがWindows 95の登場で、USB接続できる周辺機器などが増え、独自の規格を作って発展してきたのがメーカー独自開発した専用機です。
POSレジ用にボタンの位置から設計されており使い勝手は一番!但し、メンテナンスコストが高く大手FCチェーンなどにしか普及していませんでした。
そんな中、汎用のパソコンをレジスタ化できることより、POSレジソフト販売をするソフトベンダーが増え、汎用のパソコンを使うけれどPOSレジソフトは自前にこだわる店舗で重宝されています。価格はそこそこですがパッケージ版よりも業種に偏った使い方のソフトが多く、更新の時期にはOSが古くて対応できないものがほとんどです。
そんな中、汎用のタブレット(iPadやAndroidタブレット)をレジに活用する動きが2012年頃から活発になりました。ユビレジがトップランナーですが2014年には30社以上からアプリが提供されています。魅力は低価格でもリアルタイムの売上が見られること。従来の無骨なレジと比較してiPadなどはスマートな印象があることでレストランや美容室から支持を受けています。
タブレットをホストにするものからクラウドサーバーに売上情報をアップするものなど3種類程タイプがあります。使う業種やコストに見合った機種選定ができれば低コストでハイパフォーマンスなものとなります。

POSの歴史

POSレジ登場から30年、過当競争へ!

機械式レジから売上登録、レシート印刷
19世紀後半にNCRで開発された機械式レジは、百貨店・スーパーなどに普及しましたが、1980年代IBM、富士通、ユニバック(現ユニシス)などの汎用機端末として本格的POSレジが登場しました。それまで機械式レジを販売していたNCR、東芝TEC、日通工(現NECプラットフォームズ)なども参入しテラオカ、casio、シャープ他過当競争状態となっています。

汎用機端末からPC-POSへ

オープンPOSの出現 ネットレジも出現
Windows 95の出現でPC-POSという安価な製品が登場し、1990年代後半からパソコンの小型化・高性能化を受けてマイクロソフト社主導で開発されたRDBMSを搭載したPC-POSが出回りました。Windowsの技術を活用した周辺機器との接続仕様「オープンPOS」が発表され、その普及を目指してOPOS協議会が設立され導入例も増えています。
国内では2000年以降需要が増えなかったため、本来低コストで供給されるべきPC-POSは各業種ごとに独特のソフトを積み上げ高止まりしてしまいました。
単にレシートを出すだけの単機能レジは、根強く需要がありますが一部に売上データをサーバーに保管する「ネットレジ」が登場しています。

タブレットをレジ利用 iPadのレジ利用が進む

2010年アップルからiPadが登場しレジ・オーダーエントリーのアプリが続々登場しました。iPadはネットに接続して使うのでデータはクラウドコンピュータに保存します。
デザイン性のあるiPadでシンプルにレジ会計やオーダーを取れるので既存のPC-POSよりも格段にコストメリットがあります。当サイト「POSレジの窓口」では、クレジット決済、オーダーエントリー端末も含め、タブレットPOSの情報を集めることでこれから購入を検討される店舗オーナーの方々、古くなったレジをリプレイスしたいオーナーの方々のお役に立てれば幸いです。

タブレットレジと無線LAN

インターフェースは無線 3G、Wi-Fi、Bluetooth
タブレットをPOSレジに使う場合、PC-POSとの違いはインターフェースです。PC-POSでは、パラレル、シリアル、USB、LAN等のインターフェースで周辺機器(プリンター、カスタマーディスプレイ他)と接続しますが、タブレットではなんらかの無線方式(3G、Wi-Fi、bluetooth)を使うケースが多く安定性に不安があります。
Androidは今後、USBなど有線で接続するものが増えてくると思われますが、iPadではUSB接続できません。
現状、各種無線といかにうまく付き合っていくか?がタブレットPOS・オーダーエントリーの宿命ではないでしょうか?

タブレットレジのスタンドアロンは?

専用タブレットレジ?・・・ 日本にも登場するか?
国内では、タブレットをPOSレジ専用にしたスタンドアロン式のものが発売されていません。
海外では、Androidタブレット専用のドッキングステーションが出ているようです。ドッキングステーションにインターフェースがついているのでLANやUSB周辺機器と接続でき、無線LAN無しでも使えるようです。
オーダーエントリーにスマホを使う場合は無線LANは必要ですが!

タブレジの種類

iPadを使ったPOS

iPadを使ったレジシステムは、国内でも増えてきています。

安価でデザイン性・操作性もよく使い勝手がいいようです。
売上データはクラウドに入っていることから、パソコンにダウンロードして分析をすることがほとんどです。

Androidを使ったPOS

Google Playからダウンロードできるレジアプリも増えて来ました。
レジアプリにはハードウェア接続できないなど、アプリだけをダウンロードしても印刷できないケースが多く、システムで提供している会社でないと使用には堪えません。iPad同様に売上データはクラウドにあることが多く、分析にはパソコンが必須です。

Windowsタブレットを使ったPOS

Windowsレジアプリは8対応に期待が持てます。
上記タブレットと違いWindows8タブレットであれば、表計算ソフトも入っているので売上データをExcelで加工することができます。元々タブレットとしての設計ではなかったWindowsなので、画面の作りが使いやすくできているか?がポイント。

あなたのお店に最適なPOSレジを探そう!

この機能をお使いになるには、ログインが必要です。
×