選び方のコツ

どんなことを気にしながら選べばいいか。

POSレジは業種ごとに機能の差はありますが、同じ業界のPOSレジで比べれば、基本的な機能は大体同じです。
『このレジしかついていない機能』というのもなくはありませんが、そのような機能は必要とする人もあまり多くないので、POS選定の主な理由にする必要はありません。

また、高機能などと書いてあるPOSレジを選ぶ必要もありません。ほとんどの製品が高機能ですから。

POSレジに求めること、メーカーにどの程度のサポートを求めるか、そして、いくら出せるか?を把握したうえで選択することをお勧めします。
売上規模に見合う価格帯の中で、自分の店舗で最低限必要な機能が何なのか?を列記し、その機能が使い易いか?という観点で比較検討をしていく方法がお勧めです。

POSレジ本体について考えること

専用機 高いけれど壊れたら修理もしっかりしているので、5年以上は使える。その代り修理期間の代替え機や修理のスピードは要確認です。
iPad デザイン性・操作性が良く安価。無線機能が比較的安定している。
Android デザイン性はiPadに劣るが安い。メーカーによって操作性が違うので慣れが必要。iPadよりも安定性が劣る。
ブラウザベース PCやタブレットなど機種に依存しないが、端末サイズの違いにより画面が見にくくなる。

ハンディーについて

ハンディー専用機 高いけれど壊れたら修理もしっかりしているので、10年以上は使える。その代り修理期間の代替え機や修理のスピードは要確認
iPod Touch 仕様が決まっているためトラブルは少ない。機械は自分で調達できる商品も多い。
Androidスマホ 安いけど、メーカーによって種類が沢山あり性能差が激しい。

ASPについて

基本的な売上指標はどのPOSレジでも把握できます。各社で差が付く機能としては以下があげられます。

遠隔地での
リアルタイム集計
店舗に行かずとも、店舗の現状がわかるので遠隔地から指示を出すことが可能です。
不正防止 マイナス操作の多い従業員がすぐわかるので、怪しい動きを早めに把握できます。
タイムカード タイムカードが付いていると勤怠情報がデータで取り出せるので、給与計算が楽になります。またタイムカードを購入する必要がなくなります。
広告効果分析 クーポン券やチラシ、どの広告が効いているかわかります。ただ、そういった工夫をしない会社なら使わない機能です。

Wi-Fi環境について

店舗のネットワーク設備について手配はできていますか?
最新のPOSレジはインターネットに接続できることが前提で構成されていることが多く、ネットワークがしっかりつながるかは必ず事前に確認するようにしてください。

工事はしてもらえるか、運用中にトラブルがあった場合、どういった対応をしてもらえるのかは必ず確認すべき指標です。

サポート体制について

導入後の付き合い方を考えてもらう指標。保守料を払うことでどのようなサポートを導入後も受けられるのか事前に確認してください。
機械のトラブル、ソフトウエアの操作についてなど、導入後に調べたり調整したりということは意外と多いので、導入後もどのようにサポートしてもらえるかは必ず確認すべきです。

まとめ

【POSの選び方①】 金額だけでは選ばない!

タブレットを使ったPOSレジが登場してから、ラインナップが大きく広がり、以前では考えられなかった低価格なPOSレジも登場しています。
当然、安い金額で導入できれば良いのですが、金額だけで選ぶと、機械だけが送られてきて、あとは自分で勝手にどうぞという商品もあります。機械の設定、ネットワークの設定、メニューの登録など、すべて一人でやらなくてはいけません。このような作業は大丈夫ですか?また、故障や機械の調子がおかしい時に電話をすればすぐに代替えの製品を対応してくれるのか?メールを送って返事を待つだけなのか?そういったところにも金額は反映されています。自分で細かい設定や使い方の研究、何かあった時の対応はできますか?できる人であれば、安いPOSレジを選んでも大丈夫だと思います。

【POSの選び方②】 高機能という文字だけでは選ばない!

たくさん機能が付いているレジも魅力的に見えますが、その機能が本当に自分の店舗にとって必要かどうかをしっかり検証してください。そもそもPOSレジなだけで、それなりのことはできますし、必要な機能は事前に把握したうえで商品を選び始めないと、たくさん機能は搭載しているが、自分のお店で利用する機能は半分もない といったことも起こってしまいます。

【POSの選び方③】取り付けや設定作業を自分でやるのかやらないのかを把握しておく

設置費用やメニュー設定費用がない商品のほうが安いので、魅力的に見えるかもしれません。しかし、機械を買ったらいきなり使えるという訳ではないことを認識してください。インターネット回線や店舗内のLAN配線、電源の確保は大丈夫ですか?また、初期設定(メニューの登録、レシートロゴの設定など)を自分でやる心構えはできていますか?自分で作業するよりも、工事費を払って取り付けてもらった方が生産性は高いかもしれませんよ。機械の金額にばかり意識が行きがちですが、どの作業は自分でやって、どの作業はやってもらうのか?どこまでサポートしてもらえるのか?を認識したうえで商品を選ぶことが重要です。

【POSの選び方④】保守・運用について考える

商品を購入したらできるだけ追加の費用は払いたくない!大抵の人が考えると思います。しかし、商品は使っていく中で不具合をきたしたり壊れたり、問題が起こることも多々あります。そのような時、メーカーはどのような対応をしてくれるでしょうか?迅速に対応してくれるのでしょうか?また、機器を修理している間、代替え機は使えるのでしょうか?逆に、月額の固定費がどのくらいかかるかも意識してください。3年間とか、5年間の保守総額も意識して検討することが必要です。

【POSの選び方⑤】メーカーの担当者について

ネット上だけで完結するサービスも一般的になっていますが、結局は人と人との結びつきが商いの基本です。対応してくれるスタッフが自分に合うか合わないかも重要な項目ではないでしょうか?金額に対してメリットを感じることは、お金を支払うときだけだと思います。親身になってくれる自分にあった担当者から購入した方が後々まで、良かったと思えることは多いはずです。

あなたのお店に最適なPOSレジを探そう!

この機能をお使いになるには、ログインが必要です。
×